パンジー日記

40代女子一人暮らし、日々のこと

三度目の正直の豊川稲荷東京別院

f:id:pansy2020:20200315090253j:plain

今日はお参り三度目で本番。
本日のミッションは、憧れの「お供え」をすることなり。



ひとまず、手水舎で手を清め、本殿へご挨拶しました。


f:id:pansy2020:20200315204040j:plain

おはようございます。
いいお天気ですね。

三度目でやっと正面から写真を撮る図々しさもできました。



そして、売店へスタスタ直行です。
売店はいくつかあるのですが、店先に出ていたお父さんと目が合ったので、
ウルフルズの「今夜どう?」がBGMで聞こえてきました。

歌詞:ここで会ったのは運命。それがお前だったのは何かの縁。


「お供えセットください」
この時、スルッと口から言葉が出たのですけど、「お供えセット」という言葉あるのかしらん。

「お供えセットね、ハーイ」
と銀のトレイに油揚げ、お餅が乗ったお皿とお酒を乗せてパスしてくれました。
お父さんがカチカチと火打石してくださり、お供え物はこれでバッチリでにっこり。
平静を装いつつ、心の中では「やっとここまでこれた」と感動もひとしおで、奥宮へ直行です。



f:id:pansy2020:20200315092931j:plain


入り口のガラスケースの中にお供えを入れて、靴を脱いで奥宮の中に上がらせてもらいました。


f:id:pansy2020:20200315093036j:plain


誰もおらず、贅沢に貸し切りで、心の中でゴニョゴニョ荼枳尼天様に話しかけてました。
「お金は大事ですけど、やっぱり健康が一番大事だと思うんですよね。健康でお金があるのがいいですよね。両方ください。でもどちらかと言われたら健康。」
とか。


しばらくすると、通い慣れている雰囲気のお父さんがお供えセットを持って参上し、目の前のテーブルにお供えセットを置いているのを見て、ああそうか、中に入るのだから、お供えセットを外のガラスケースに入れた私、やっちまったな。次は、目の前にお供えセットを置こうとひとつ利口になりました。



そして今日は巳の日です。
弁財天様のところで、小銭をザブっと洗わせていただき、お金の垢を落としてもらいました。


f:id:pansy2020:20200315093848j:plain


ステキな琵琶ですね。
どんな曲弾いてるのか聞きたいわあ、と心の中で話しかけたり。


結婚願望もありますんで、恋愛のスペシャリストへ願いを託したり。

f:id:pansy2020:20200315093103j:plain

f:id:pansy2020:20200315093118j:plain


コロナ事情の影響なのか、今日はいつもより空いていました。

f:id:pansy2020:20200315204136j:plain




その足で近くの猫神社こと、美喜井稲荷へ。

f:id:pansy2020:20200315094922j:plain

ニャーン。



f:id:pansy2020:20200315094929j:plain

ニャーン。
かわええ。






今日も東京メトロ一日乗車券でブログに書ききれないくらいたくさんのお寺と神社巡りをして、トリに東京大神宮にお参りをしました。


そうだ、最後におみくじ引いてみよっかなーと何気なく引いたおみくじが
「今諦めたら駄目になります。全力を尽くして神様にお縋りしてでもこの恋を成就し幸せになりましょう」
でした。


私、実は最近、結婚あきらめるか。ベストは尽くしたけどできなかったから、来世持ち越しだな。うんうん。
なんて思っていたので、クギを差されたみたいです。
っていうか、古くから日本では「諦めも肝心」って言葉があるのにこのおみくじ引いちゃったってことはよ、アタイ、人生の分かれ目に立っちまってるってことなんじゃねえのかい?



f:id:pansy2020:20200315152536j:plain


紀の善でクリームあんみつを食べながら自分会議。
「神様にお縋りしてでも」って、どうなのよと。
だけどさあ、去年、直々にお願いをしに島根の出雲大社にもお参りしたのだけども、
叶わないのってただのタイムラグでタイミング待ちだと思う?
ううん、私、どこかでバグが起きてると思うのよね。
神様に縋って良いって、まさかの隠しカード出てくるとは思いもよらなかったな。